所謂独り言。

シルバーレインのキャラ【宮乃・夜色】の独り言とか。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< とにかくの感謝を | main | 真。 >>
# 東京オフ。
間違いなく長くなるから折りたたむよ!

なんて言うかね、とにかく出合った人全員にお世話になった。
すごーくお世話してもらった。
だから、みんなにすごくアリガトウ!


以下、眼鏡の東京1泊2日の旅(東京オフ感想的なもの)
N潟県在住眼鏡は、新幹線でエンヤコラ。
数年前まで東京に居たはずなのに、何で今頃にオフ行くよーになったんだろう…と、多少の疑問を供に。
9時頃に東京到着、ホテル直行。行く途中ですごく案内板にお世話になる。
お世話になるうちに10時になる。荷物預けていざ浅草へ!
到着したのは11時ごろデシタ。

メトロから出てきた瞬間、人の多さに何かを放棄する。
なんか大事なものを放棄した気がする。
一応案内板と、ケータイに保存したマップとを比較して考えるも、やっぱり放棄。
考えるよりも先にSOSを発信、タッケテ!剛サマ!
即「迎えにいく」と、逞しい頼もしい返事が…お世話になりマス、剛サン。
1年ぶりの再会、オヒサシブリデスーっと、敬語の挨拶
二度目のはずなのになんだ、お前その丁寧さ。と、言われる。ブランクが有るからデス。
取り合えず適度な緊張を解きながら色々話しつつ案内される。

会場に入るや否や、熱気にやられる。帽子をかぶってたので頭が余計に暑い。
取り合えずぐるっと回ってみる。
絵師サン達がいるトコを遠目に観察。でも眼鏡、見えないんだ。あんまり。(度が弱い)
端から回ってみようーっと、歩き出した途端、剛サンに「行け夜色!」「え!?」唐突のゴーサイン。
候補生時代にお世話になったあららぎ絵師サン発見、剛サンと一緒にエンヤコラの攻防戦←
「お前が行かなくてどうする!」「いや、え、あの、ちょ!」しょーも無い攻防戦。眼鏡はいつでもチキンデス。
わーぎゃーやってても仕方ないし、お世話になった方に挨拶も無いのは失礼だ!(←さっきまで逃げてた)
意を決し、あの…えっと…こういうモノデス…。何をどう言えばいいのかわからない
そっと……卒業証明書を見せる。

奇跡が起きる。

夜色さん!え?アレ?聞き間違い?アレ?コレは俺の妄想の賜物デスかソウデスカー
一大事件にもなんか知っていてもらえたというか、覚えていらっしゃられたんデスか?え?どれだけ記憶力良いの?てーか何コレ?何この事件!?
挙動不審のままの挨拶…あ、ありがとう御座いまシタ。

なんか色々バックんばっくんしたまま絵師サン観光(←)再開。
もう恐れ多くて直視も近づく事もできない。時々剛サンがハイテンションになるも、突っ込みも出来ない。←
1人の絵師サン発見で、剛サンのテンションが最高潮におかしくなる←
おやおや、凄い好きな絵師サン発見したんだなぁ…なんてのほほんと見守る俺。剛サンすごく挙動不審。

今から思えば、挨拶をしたかった絵師サマが山の様に居たんだケド…
冷静な判断も何も出来なくて思い浮かばずだった……スッゲー惜しい事してた…アキ絵師サンとかいたのにっ!


この辺からの時間経過が曖昧……
とにかく挨拶した人たち。哲人サンと出会うまでの。時間軸ばらばらと、思う。

剛サンが受付トカしないといけないから、1人でポツーんと回る。うごうごと挙動不審になる。
なんとなく見たことある人だなぁ…ん?あれ?いや、多分…いや、絶対センパイだ、輝空センパイ発見だ!
近付こうとするも、やっぱりセンパイは人気者なので色んな人に囲まれてる
突入するか戦略的撤退をするべきか……うろうろする。
意を決して近付いて、オビサシブリデス!ご無沙汰してマス…ッ
何とか忘れられていなかった事に安堵、いや、マジで。だってホント最近接触してなかったしっ!
バス停時計も見せてもらう。うん、自作して愛を伝えているのだと思った…うん、てっきり←

上様と繋がってるらしいテレビを横目に歩いていると、斜め前で白スーツの人がなんか飛んでた。
……東京って凄いなぁー(棒読み)
いや、てか、白スーツって……え?あれ?MS?MSじゃね?だってほら雑記的なものでよく白スーツ……
なんか跳んでらっしゃるよ白スーツMS!!(間違いじゃないが混ざってる)
思いっきりびびりながらガン見した。

少し休憩してから(壁で)またしてもうろうろ開始。だって剛サン忙しいんだもん!←
うーろうろとしていると、なんとなく覚えのある人が俺の名刺をジーッと見ている。
なんだろーっと、思ったトコでその人が九十九塚だと判明
一緒にいたのはバナーヌ・哲人サンの感情でよく見かける空木
最初、バナナサン知りませんか?といわれて頭ポカーん(ぶっ飛んだ)になったのは秘密。(すごくてんぱってた)
九十九塚が文明利器のケータイでヒナの声を召喚!おぉぅ…
ありがたいコトにスッとケータイを渡される。ちょ、どうしろと!?いや、ありがたいよ、嬉しいよ!
アタフタしながら挨拶。すげぇ!ヒナと電波で喋ってるよ俺ぇ!←
しかし、大いなる災い(会場のざわめきで全く聞 こ え な い !)挨拶を互いにしたトコまでしか聞き取れずッ
すごくゴメンナサイ、折角会話の機会を貰ったのに…
聞こえなくて悲しくなってどうしたらいいのか分からなくなって、ケータイ返却。
何だかすごく空木を見ていて和む。(ヒナとの会話でテンション上がったらしく、見てて和んだ)

その後、九十九塚と空木の名刺を見せびらかせるため剛サンの元へ。←
本当に見せびらかして、ニヤニヤして遊んだ。(頷)


質問タイム中に休憩に入った剛サンと共に屋台へ。
なんか名札を下げたままだがそういうものだと思って差ほど気にせず大阪焼き?の屋台へ。
初体験の味にチマチマと口に運ぶ。1個食べ終わった辺り?で、剛サンが自分の名札を下げている事に気付く。
あ、しまい忘れてたダケ?「気付いていたなら言え!」「このドエスが!」トカトカ言われる。理不尽。
ちなみに、俺が1個、剛サン2個食したんだが……食べ終わるのほぼ同時だった。(言ってやったぜ!←)
その後、どうやら哲人サンが迷ってるっぽいコトを知る。
青い橋って何処だ!?剛サンと一緒に考えながら、会場に戻る。

会場に戻って暫くして、剛サンから哲人サンを迎えに行け指令を受ける。らじゃーぼす。
テクテク出動。エレベーターで一緒になった人に1階で言いかを聞く
「ちょっと片付けるものがあってー」「大変ですねーオツカレサマですー」「いえー」
……ん?あれ?なんか名札に西灰三って書いてねぇ?
……ブルータス!(またしても!)
ボタンを見ながら笑顔のまま、降りるまで瞬間冷凍。

気を取り直して吾妻橋まで哲人サンとメールしながらテクテク。
地下鉄出口の橋付近でうろうろ。
「手上げて」
すッ

……ん?
………あれ?なんかコノ展開……

すこし申し訳無さそうな顔、でも笑顔の哲人サン登・場!
ぶるーたす!!
ちょ、なにさせてんの哲人サン!!(無意識万歳)
考えないで動いてた自分はスルー

酷い、このドエスめ!と、ブチブチ言いながら会場へ。
なんか「ぺこぺこしなくていい」ってナンデスカそれ。
夜色は夜色だートカ……当たり前じゃないデスか!(オンでもオフでも差がないと大評判でしたぜ!)
取り合えず会場で受付に向かう哲人サン。
何気ない顔で剛サンに誘導する俺。剛サン笑顔が超不自然!←
にこにこーの、剛サンと、にやにやーの、俺。
異変に気付いた哲人サンが、え?コノ人?コノ人が剛サン?っと、ワタワタ。なごむわー(超笑顔)
すっとぼける剛サン放置で(←)取り合えず剛サンと伝えて二人そろって移動。
ちょこっとだけいた琉架サンに遭遇で3人できゃっきゃ。
剛サンが寂しくて乱入(休憩に入ったので)改めて、争奪戦メンバーフル完成。
しばし雑談、で、そう言えば哲人サン探してる子が居たなぁ…っと、思い出す。
ちょうどよく九十九塚を発見。サァ行くぞ哲人サン!問答無用で引っ張ってステシを見せるんだ!
超拒否る哲人サンに、去年の自分を思い出す…ナルホド、剛サンこんな気持ちか……(笑)

心の準備を入れてから、剛サンと哲人サンと共に九十九塚の元へ(琉架サンとはまた明日!)
手際よく動く九十九塚に凄まじい頼もしい感情が点灯。
結社の人たちとあってるという言葉に、なら後でで、後でで…っ!と、ひっこむ哲人サン
よし、直接乗り込むか。行こうか。引っ張っていく事に。ちなみに俺は当然の超笑顔で。(笑)

無事空木と感動の(?)たいめーん……な、はず……
哲人サン、超隠れる。俺に隠れたり逃げたりうろうろ。
空木が必死に挨拶したり話そうとしたりするも、オロオロしてる哲人サン。
何だろう、小動物のじゃれ合いを見てる気分だ……和む……(笑)
和んでいたら空木がひっついてきたりして超和む。何だコノ子、何だこの可愛いの。(笑)
(ちなみに、その後と次の日に、初めて合ったんだよね?ね?と、確認される。嫉妬か/にやにや)
(隠れてたくせに仲よさそうだった俺に嫉妬トカ?ちゃんと挨拶すればいいのにーっとニヤニヤ。)

取り合えず挨拶をして満足したらしいので、会場一周の旅へ。
ぽけーっとしてると、夜色先輩!ん?え?センパイ?え?夜色っつった?今?
かわいらしーおなごサンが……えーっと?
スッと出された紙には、見覚えの有り過ぎる鮮やかサン!柊だー!
ワタワタする俺、弾ける元気さが眩しすぎてよろめく(笑)
剛サントカ哲人サンもおーっと見てる。遠巻きに。おいコラ何処に行く。
バレンタインのときは楽しかったーありがとートカとか、お話。
なんていうか、今までセンパイって呼ばれたコトがなかったからすごく新鮮でホワホワした。すごく。
分かれた後も余韻でニヤニヤしてた。(キモイ)
取り合えず、メインは哲人サンだよな。っと思い
ステシをはっきり主張して歩けばいいよ!はずかしいっ!と、やり取り


ここで二度目の奇跡発生


バナナ・哲人サンのステシをジーッと覗き込む人。
ほらほら、主張してもっとしゃっとしないとー…トカ、のんびり思ってたら…
「名札は外してしまったんですけどー…」
「……!!!!!!」
「!!!」
「……?………!!!!!!」←1人遅かった

みんなのアコガレ、みんな大好き笠 原 M S!!!

声をかけられたのが哲人サンなのに、俺と剛サンが超大興奮で慌てて名刺を用意しだす←
仕方ないよ!延髄反射だよ!話しかけられるトカこのバナナッ!!←
哲人サンと笠原MSの会話を笑顔で固まったまま聞き続ける。
恐れ多い事にその後、会話したとかちょ!おれぇぇえええ!!?
なんか、いや、まさかの眼鏡覚えてますな、いえ結社シナリオで超かっこよくアリガトウ御座いまして
なんかもうヒナとかヒナとかヒナにかっこよすぎて誰かと!トカ言われた思い出カムバック。
送りつけた痛い子駄々漏れのFLのコトを覚えておられたトカ、何処まで神デスか!!!
(この後、名刺を貰い忘れた事に気づきすごくへこむ←)

その後、終りまで哲人サンと一緒に喋る。
剛サンに終わった後どうするのか聞くも、片付けが遅くなるからーっと、2人だけで雷門へ。
明日の待ち合わせ場所の確認をしてから甘味を食べる。
食べる最中に写メして、恒例の剛サンに報告メール。呪いのメールが帰ってくる。
2人でニヤニヤしながらメール返信、またしても不吉メールが帰ってくる。にやにや。

夜はどうしようかーっと、話してるところに、剛サンが片付け終わったメール。
じゃー3人で飯でもとお誘い→よろこんで→決定。
3人でファミレスでわいわい。

取り合えず、この日の最大ヒットは「シンデレラ!硝子の靴をお探しでは有りませんか!」
スゲェや人力車の兄サン!(大爆笑した
剛サンと一緒に、哲人サンならバナナだよね、硝子のバナナ。っと、盛り上がった。

こうして東京オフ2日は終りー。
(チェックイン時間が何時までか忘れてちょっとパニクリながら剛サンに送ってもらったのは秘密!)



・3日、争奪戦オフ。

7時に目覚める。部屋の乾燥がありえない、加湿再器起動。
めざましテレビを見ながらモソモソ着替え。ホテル内のコンビニで朝食代わりの野菜ジュース購入。
じゅるじゅるしながら準備。
チェックアウトして電車に乗るも、乗換えがスムーズに行かず構内で若干迷う。
オノレ!またしてもお前か!ウエノ!(夜色は過去、上野駅で降りたら迷った確立100)
なんとか乗り換えて浅草へ…途中メールで遅くなると連絡。おいていくかメールはヤメレ。
取り合えず数分の遅刻の後到着。
別に、またしても駅出たら前と違う場所で迷ったとかない。ナイナイ。

取り合えず喫茶店に入る。
入るとなんとも昭和のカホリ…素敵内装とメイド的な服装と出迎えられる。
ちょっとテンション上がった。レトロ大好き!
バナナジュースの文字に目が留まる全員。
メニューに載ってるカップがどれも素敵過ぎで思わず全部!とか言おうかどうしようかと盛り上がる。
でも常連専用っぽいのでザンネン……スイマセン、N潟に着ませんか、この店!
剛サン以外がプリンとアイスコーヒー(カフェオレ)を頼み、剛サン1人バナナジュースとガッツリオムライス。
確実に剛サンが食いしん坊キャラに昇格。

前日にゆっくり話せなかったので、ここぞと琉架サンと喋る。
なんていうか、取り合えず剛サンが琉架サンに飢えすぎてる事実を再確認。
長い時間居座る4人。ふつーに楽しい。楽しすぎる。
場所を変えてまた喋り捲る。
また場所を変えて(笑)今度は雷門のトコを歩きながら、哲人サンの飛行機の時間まで喋る。
駅まで送る途中、バナナを食べて歩くカップルとすれ違う。
哲人サンと共に唖然と見送り、思わず何だ今の!東京の人ってバナナ食って歩くのか!っとなる。
4人見た。哲人サンと爆笑した。

哲人サンを送って(続きはウェブで!)どうしようかーっと、取り合えず大阪焼き?を食べに雷門へ。
もぐもぐしながら、また色んな話をしながらぐるぐる歩く。
取り合えずなんか、美術室の話題でありえないほど盛り上がってテンションが上がって楽しくなる。
もうファミレスで話そうぜ!
盛り上がりが止まらない。何だコレ、楽しすぎる!
なんか良く分からないうちにカラオケ行こうぜ!え?まじで?ま、いいか。

カラオケで部屋はごうさんよー(534)爆笑。
正直、あんなハイスペースで歌ったの、本当に初めてだった……今も声が若干おかしいさ!(笑
聞き専門の癖に今迄で一番楽しかった。超楽しかった。何故哲人サンがいない!っとみんなで言う。
取り合えず2時間歌ってはしゃいでお開き。
最終手前に間に合いそうなので急いで移動。
日付が変わる手前に家に到着ー。

すごく疲れて、すごく笑って、すごく楽しかった東京オフだった。
会いたくてあえなかった人とか、声かけられなかった人とかも居たけど、すごく満足。
なんていうかまた争奪戦メンバーと遊びたい!すごく!
| comments(0) | - | 01:17 | category: 主に独り言 |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:17 | category: - |
コメント
コメントする









この木何の木眼鏡の木。
Selected Entry
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links